借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識 » NHK受信料債権回収

NHK受信料債権回収

NHK受信料が払えなくなってしまった場合に、時効の援用が適用されるかどうかを解説します。

NHKの受信料にも時効制度が適用される

2014年の最高裁判決で、NHK受信料の時効は5年となりました。よってNHKの受信料にも時効の援用が適用されることに。つまり、NHKから「大切なお知らせ」や「重要なお知らせ」などのDMが届いていた場合、5年以上前のNHK受信料については時効の援用手続を取れば支払う必要がありません。

請求通知から5年以内のNHK受信料については、まだ支払いの義務があるので注意が必要です。

請求を放置するとどうなるのか

時効が自動的に成立することはありません。よって、5年以上前のNHK受信料であったとしても、時効が成立していなければ支払い義務があり請求が来ます。

NHKからの請求を無視し続けていると、裁判所に支払を督促されることがあります。その際に時効を主張することで、請求額を一部減額できる場合があります。しかし、この支払督促を無視し続け放置していると、5年以上前の受信料であっても裁判上で支払い義務が確定します。

時効の援用をおこなうには?

5年以上前のNHK受信料には、時効の主張ができますが、ではどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

一部支払いや分割返済に応じない

まずは、自宅訪問された場合や電話がかかってきた場合でも、一部を支払ったり、分割返済の話し合いに応じたりしないことが重要。5年以上経過していたとしても、一部を支払うことによって時効が中断してしまうからです(事項の中断事由に該当)。中断というのは延期ではなく、リセットということ。これまでの時効期間がゼロになり、5年以上前の受信料についても全額支払う義務が生じることになります。

裁判所に対し異議申し立てをする

5年以上前の受信料については、支払督促が来てから2週間以内に裁判所に対して異議申し立てをする必要があります。支払督促は簡易書留で来るので、簡易書留で「ご通知」などが届いたら裁判になる前に手続きしましょう。

困ったときには専門家に相談しよう

NHK受信料の時効を主張するには、電話ではなく内容証明郵便という書面で行うのが最も有効です。内容証明郵便について、書類準備の仕方や送付方法がわからない場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのがいいでしょう。時効の中断事由がない限り、確実に時効の援用手続きを行ってもらえます。

また時効の援用だけでなく、5年以内の受信料についても分割払いで和解したい場合もあります。裁判所から簡易書留が届いたことで焦る気持ちや不安な気持ちはあるでしょうが、まずは落ち着いて信用できる専門家に相談しましょう。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所            

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所            

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。