借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 借金400万円を返済できる?返済する方法とは?

借金400万円を返済できる?返済する方法とは?

借金400万円を返済したい!まずは現状を把握する

借金400万円と言えば、ほぼ年収と同程度の金額という方が多いため、非常に大きな借金だという印象を受けるのではないでしょうか。ただ借金400万円を抱えてしまうと、現実問題として捉えることが出来ず毎月の返済だけするのに必死というケースも。そうなれば長きに渡って借金に苦しむ生活になり、もしトラブルが起これば返済が滞りやすいので注意が必要です。

返済期間が長くなれば利息は増える

毎月返済しているにも関わらず借金が減らないというケースもあります。それは金額が多いため利息も多くなり、実際は利息分だけしか支払っていないため元本はほとんど減っていないからです。400万円という借金があれば、毎月数万円ほどの利息が取られてしまう可能性があるため、ある程度まとまった額を支払わなければ借金自体は減っていきません。

現状把握を行う

借金が400万円もある場合、一か所から借りているケースよりも複数の金融機関・友人などから借りているケースがほとんどです。そのため、いくら借りていて、毎月の返済額がいくらなのか、返済期限はいつなのかを把握できていない方も多いでしょう。そんな状態では自力完済は非常に困難です。まずは借り入れ先ごとに借金額・返済期限・利息などをリスト化してください。

もし詳細が分からなければ「信用情報機関」で確認する方法もあります。しっかりと現実を受け止めた上で、どうやって借金を返済するのか考えましょう。

返済の総額を把握する

返済期間が長引けば、利息も増えてしまい返済のトータル費用も高くなるでしょう。つまり400万円の借金であっても返済期間・金利によって、返済総額は全く違ってくるのです。まずは返済しなければならない額をしっかりと把握し、借金の実情を実感してください。

借金400万円を自力で返済するコツとは?

借金400万円を返済するためには、よほど計画的に返済していかなければなりません。何も考えずに毎月の返済だけを行ってしまうと、いつまでも借金が完済できない状況になるので注意しましょう。まずは完済するためのポイントを押さえて、自力完済を試みてください。

借金の返済順位を考える

返済するためには、どの借金から返した方が良いのか優先順位を考えることが大切です。利息の大きな借入先から返済を優先するようにしましょう。もしボーナスなどの臨時収入を得た場合には、利息の大きい方を繰り上げ返済するなどの対策を講じる方法もあります。

金利の少ない借金を増やす

ローンを返済する手段として、「借り換え」「おまとめローン」などを活用するのもアリです。金利はトータル額に影響を及ぼすため、少しでも金利の少ない方に借金を移行することで、トータルの返済額を抑えることができるでしょう。

ただ「借り換え」「おまとめローン」を利用したとしても、借金がなくなるわけではありません。また状況によっては新たな借金が増えてしまう可能性もあるので、しっかりとシミュレーションしたうえで慎重に検討することが大切です。

毎月の返済額アップを検討する

借金を返済するうえで、重要になってくるのは返済期間を短くすることです。もし毎月の返済額をアップできれば、完済までの期間短縮にもつながるでしょう。

ただ日々の生活に負担をかけてしまっても意味がないため、まずは固定費の見直し・副業など収入アップ・クレジットカードの枚数を少なくするなどを行ってください。無理のないように支出を減らしつつ、収入アップできる工夫を検討しましょう。

借金400万円を完済する方法

借金400万円を完済するためには現実を受け止めながら、地道に返済することが大切です。ただ400万円もの借金があれば、自力で返済するのは非常に困難でしょう。状況によっては借金が膨れ上がり、身動きが取れなくなってしまうことも。もちろん借金400万円でも自分で何とかできるケースもゼロではありません。ただ専門家に相談することで、心の負担が軽くなることもあるでしょう。

借金400万円を返済できずに滞納した場合はどうなる?

借金を軽く考え、滞納してしまうケースも少なくありません。しかし滞納してしまえば督促状が届くだけでなく、滞納が長引けば長引くほど様々な事が起こってしまうので注意してください。

  • 遅延損害金が発生する
  • 新たな借り入れができなくなる
  • 電話・メール・郵便・訪問などで督促が増える
  • 事故情報が登録される
  • 催告書・一括請求書などが郵送される
  • 裁判所から訴状や支払督促が届く
  • 差し押さえなどの法的な措置が行われる

上記のような事が行われる可能性が高いため、借入先に何も告げずに滞納することは絶対に避けましょう。どうしても返済が困難な場合は、まず借入先に相談することが大切です。借入先にもよりますが、何らかの対応を行ってくれるケースもあります。

借金問題の相談は専門家へ!

借金の状況によっては時効の援用などを活用できるケースもあります。そのまま借金で苦しみ続け、一人で悩み続けるのではなく、借金問題に詳しい専門家に相談することが大切です。借金問題を解決するための方法やアドバイスを提案してくれるので、今の状態から抜け出せるチャンスがつかめるかもしれませんよ。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円(※1)

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る

※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPで価格の記載を確認できませんでした。

借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。