借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 法律事務所・裁判所から郵便が届いたときの対処法

法律事務所・裁判所から郵便が届いたときの対処法

借金を滞納したまま放置していると、法律事務所や裁判所から借金の返済を求める督促状が送付されることがあります。郵便が届くことはめったにない相手なので、どうすればいいのか不安に感じている人も多いでしょう。ここでは、法律事務所や裁判所から郵便が届いたときの対処法をご紹介します。

法律事務所・弁護士から郵便が届いた場合

法律事務所からの郵便は、記録を残すために配達証明付き郵便または内容証明郵便で送付されるケースが多いようです。そのため、配達時に留守にしていた場合、郵便受けに不在通知が入っていることがあります。法律事務所からの郵便を受け取るのが怖い人もいるかもしれませんが、まずは必ず受け取って内容を確認するようにしましょう。

法律事務所からの連絡といっても、弁護士はあくまで債権者の代理人に過ぎないため、郵便を受け取ったからといって借金を強制的に回収されることはありません。また、焦って法律事務所に連絡するのも避けたほうが無難です。たとえば消滅時効の条件を満たしているのに弁護士に連絡してしまうと、債務を承認したとみなされて時効が中断される可能性があります。

債権者が法律事務所に依頼するのも、債務者に弁護士という心理的プレッシャーを与えて借金を回収しやすくするためです。法律事務所から郵便が届いたらまずは落ち着いて心当たりのある内容かどうかを確認し、こちらも弁護士に相談してアドバイスを求めることをおすすめします。

裁判所から郵便が届いた場合

裁判所から支払い督促や訴状などが届いた場合、無視や放置をしてしまうと強制執行により預貯金や不動産などの資産を差し押さえられる可能性があります。そのため、裁判所から郵便が届いたら、すぐに内容を確認することが重要です。民事訴訟や家事調停を起こされた場合、最初の裁判(第1回期日)に出席するか、もしくは1週間前までに答弁書を提出する必要があります。

裁判所から郵便が届いたら、早い段階で弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで答弁書の書き方のアドバイスを受けられたり、債務者の代理人として裁判に出廷してもらえたりといったサポートを受けられます。

本物かどうか確かめる方法

法律事務所や裁判所などの名前を使って、お金をだまし取ろうとする詐欺が増えています。法律事務所や裁判所から「ハガキ」で督促状や訴状が届くことはまずないため、ハガキで届いた場合は安易に記載されている電話番号に連絡せず、詐欺を疑いましょう。また、通常は内容証明郵便や特別送達など受領確認ができる方法で送付されるので、普通郵便で届いた場合も注意が必要です。

記載されている弁護士が実在するかどうかは、日本弁護士連合会のHPで調べることができます。裁判所や国の機関のような名前が記載されている場合は、GoogleやYahoo!などで検索し、該当する団体がすぐに出てくるかを調べましょう。いろいろ調べてもよく分からない、不安な場合は、別の法律事務所に相談することで調べてもらえます。

まとめ:借金取り立てを止めたいときは専門家に相談を

法律事務所や裁判所から郵便が届いたら、焦ったり不安になったりしてしまうのは仕方のないことです。1人で悩んでも解決できない場合は、借金問題に詳しい弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。専門家に相談することで、強制執行を回避できたり強制執行までの期間を延ばしたりすることができます。

借金の取り立てに悩んでいる人にとっても、弁護士や司法書士は心強い味方です。弁護士や司法書士が介入することで債権者は債務者に取り立てができなくなるため、取り立てによる精神的なストレスが軽減されます。また、借金問題を根本から解決するためのアドバイスも受けられるので、解決に向けた1歩として無料相談に足を運んでみてはいかがでしょうか。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円(※1)

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る

※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPで価格の記載を確認できませんでした。

借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。