借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識 » 株式会社アプラス

株式会社アプラス

株式会社アプラスは、新生銀行グループのクレジットカード・信販会社です。アプラスがどんな会社なのかの特徴をはじめ、通知書が届いたときの対応や基本データなどを紹介します。

株式会社アプラスの特徴

株式会社アプラスは、もともと1956年に「大阪信用販売株式会社」として創業し、近畿圏を基盤とした事業活動を展開していた会社です。その後、全国にネットワークを拡大しようと社名を「大信販」に変更し、さらに1992年に「アプラス」へと変えて現在に至っています。

また、2004年には新生銀行グループに組み込まれ、消費者向けファイナンス事業における主要な子会社として、ショッピングクレジット事業やカード事業、ペイメント事業を展開。アプラスが提供していたローンカード「アプラスパーソナルローン」は、2021年7月1日付けで吸収合併により消滅しています。ローンカード事業は、グループ会社の株式会社アプラスインベストメントに承継されました。

株式会社アプラスから通知書がきたら

アプラスが提供するクレジットカードやキャッシングサービス、ローンなどの支払いを滞納した場合、アプラスから支払いを求める通知書が届くことがあります。また、アプラスでは自社で回収が難しい債権の譲渡も行なっており、アプラスの債権を買い取った債権回収会社や弁護士事務所から請求を求められるケースもあります。

そのため、知らない債権回収会社や弁護士事務所から通知書が届いた場合、身に覚えがないからと放置せず、内容をしっかりと確認しましょう。債権を買い取ったところによっては裁判を起こされて、財産や給料などを差し押さえられる可能性もあるので注意が必要です。

心当たりのある借金で返済が難しい場合、時効の可能性を検討します。最終取引から5年以上経過している借金は消滅時効を主張できる可能性があり、時効の援用の手続きを行なうことで支払い義務から免れることが可能に。ただし、債権回収会社や弁護士事務所に安易に連絡を取って支払いの約束や一部返済などをしてしまうと、時効が中断されるリスクがあります。

そのため、時効の援用の手続きを確実に進めるなら、弁護士や司法書士といった専門家に頼るのが安全です。時効を主張できない借金だとしても返済の負担を少しでも減らす手段はまだあるため、諦めずに弁護士や司法書士に相談しましょう。

時効の援用を頼れる法律事務所をチェック

株式会社アプラスの基本データ

株式会社アプラスは、以下3つの事業を行っている会社です。

  • ショッピングクレジット事業
  • カード事業
  • ペイメント事業
商号 株式会社アプラス
APLUS Co., Ltd.
会社設立日 2009年4月24日
※創業1956年10月6日
営業許可年月日 記載なし
許可番号 記載なし
資本金 記載なし
株主 記載なし

株式会社アプラスの事業所一覧

  • 本店(大阪府)
    住所:〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
    電話番号:記載なし
  • 本部(東京都)
    住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル
    電話番号:記載なし

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円(※1)

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る

※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPで価格の記載を確認できませんでした。

借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。