借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 時効の援用後に住宅ローンは組める?

時効の援用後に住宅ローンは組める?

時効の援用後でも住宅ローンは組めるの?

ブラックリストに載っている場合でも、住宅ローンは組めるのでしょうか。「ローンを組むことができる」と思っている人は少ないのでは?時効援用をし、ブラックリストを解消すれば、時効援用後に住宅ローンを組むことができるケースがあるのです。それには、条件があります。条件とは……

消滅時効の条件

  • 5年以上、一度も返済していない
  • 5年以上、一度も連絡していない
  • 10年以上、相手業者から裁判を起こされていない

信用情報機関に登録されていない業者の借金は?

では、信用情報機関に登録されていない業者の場合はどうでしょう。基本的に時効援用をしてもしなくても住宅ローンの審査には影響はありません。ただし、長い間借金を滞納していると、信用情報機関(JICC・CIC・JBA)に登録されている業者から登録をされていない業者に債権が渡ってしまうことも。

元々記載されている延滞情報を残したまま、債権譲渡をした情報が記載され、債権譲渡した日から5年後に消えることになるため、5年間住宅ローンは組めません。

住宅ローンを組む方法とは

ブラックリストを解消する

主な解決方法は、残っている借金を全額払う、消滅時効の援用をする、法的整理(自己破産など)をすることです。住宅ローンの場合は、時効援用→借金の返済→自己破産の順番で検討するのがよいとされています。

返済をすることだけを考えていると、失敗をするかもしれません。取返しのつかないことにならないためにも、他の解決方法も検討してから行動しましょう。なぜなら、延滞情報がブラックリストから消える期間が異なるから。延滞情報がブラックリストから消える期間は以下の通りです。

  • 時効の援用をした場合、すぐに消えるか5年後に消える(JICCのみに登録している業者の場合はすぐに消える)
  • 返済する場合、完済してから5年(JICCのみに登録している業者の場合は1年)で消える
  • 自己破産の場合、破産手続開始決定の情報がJBAに載り、10年後に消える

消してもまだ解決しない

延滞情報は、これで消えました。でも、それだけでは、まだ解決していないのです。「スーパーホワイト」と呼ばれている真っ白な信用情報が残っているかも。スーパーホワイトとは、クレジットカードやローンの利用がなく、信用情報機関に取引の記録がまったくない、真っ白な状態のこと。長期延滞の情報は消えていますが、過去に破産をした経験のある人は、金額が大きく、金利の低い住宅ローンの審査に落とされてしまうことがあるようです。

スーパーホワイトからの脱却

スーパーホワイトから抜け出し、ローン審査の際、格付けの高い情報を信用情報に載せると、次からは審査の足を引っ張ることがなくなるでしょう。

プロのアドバイスを受ける

時効援用は、個人でできるものではありません。ネットで検索してさまざまな情報を得たとしても、それが正しいとは限らないからです。知識がなければ正しいのか、間違っているのかの判断もつかないのではないでしょうか。正しい法律知識や実務経験のある行政書士や司法書士に相談してください。

 

時効の援用後に住宅ローンが組めた事例

住宅ローンを申し込んだ銀行から完済証明または借金が0円である書類の提出と、不動産業者から期日までに住宅ローンの審査が通らない場合は、売買の話は一旦白紙に戻すと言われてしまったAさん。しかし、借金を完済する資金はありません。延滞している業者は3社あり、最終取引から10年以上経過していました。数回返済しただけなので、まだ支払いが残っているため、過払い金の発生の可能性は低いでしょう。

司法書士に相談。依頼を受けた司法書士が、滞納している3社に消滅援用時効通知を送付し、反論がないかを確認後「残高0円」と書かれた残高証明書を入手。Aさんが金融機関に提出。住宅ローンの再審査を受けて通過し、ローンを組みマイホームを購入したのです。

まとめ

以上のことから、滞納している借金があっても時効援用の手続きを取り、一定の期間が過ぎれば住宅ローンの審査に通ることがわかります。ただし、時効援用は個人でできるものではないので、行政書士や司法書士に依頼し、プロのアドバイスを受けるようにしましょう。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社5万円~

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。