借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは

借金が消滅する?時効の援用とは

借金の返済義務から解放される可能性がある、時効の援用とはどんな方法なのかを紹介しています。

時効の援用とは~借金の返済義務がなくなる法律~

借金には、法律で定められた時効期間があります。この期間を過ぎてしまえば、借金は時効となるのです。

ただし、時効期間が過ぎたからと言って自動的に借金がなくなるわけではありません。

きちんと決められた手続きを踏む必要があります。この、借金を無くすための手続きのことを、時効の援用(※消滅時効の援用とも)と言います。

ちなみに、借金が時効となるための期間は5年もしくは10年。
この間に一切支払いをせず、また債権者に借金があること認めたりしなければ、返済の義務はなくなります。

もちろん、債権者側にも時効を回避する方法はいろいろあるので、年数が経てば必ず時効が成立するわけでもありません。

現状確認や書類の作成・送付など、ある程度の法的知識やノウハウを要する手続きも踏む必要があります。
それでも、借金を残したままで日々を過ごすより、可能性があるのなら時効の援用を検討してみるのも手です。

このカテゴリーでは、時効の援用についてまったく知らない場合でもしっかり理解できるように、以下の項目に分けて解説をしています。

  1. そもそもなにか/時効の援用の概要
  2. 求められる条件/時効を成立させるための要件
  3. 必要な費用の相場/専門家への報酬や実費など
  4. 援用後の信用情報について/借金の記録データがどうなるか
  5. 気を付けたい失敗事例/時効が不成立になる典型パターン
  6. 借入先で異なる債権の時効期間/時効期間が中断・停止になるケース
  7. 連帯保証人に対する時効の援用について/適用されるための条件
  8. 自己破産と時効の援用の違い/破産後のペナルティとは
  9. 時効の援用後に住宅ローンは組める?/住宅ローンにどう影響するのか
  10. 時効の援用で失敗してしまった場合はどう対処すれば良い?/適用されなかった場合について
  11. 任意整理後の時効の援用/任意整理後でも時効の援用は適用されるか
  12. 支払督促が届いた場合の対応方法とは?/差し押さえの可能性について
  13. 時効の援用に伴うデメリットとは?/失敗リスクを少なくするためにはどうすればいいか
  14. 訴状が届いた場合の対応方法とは?/確認すべきポイントや対応について
  15. 住所変更後でも身バレする理由と対応方法/債券者は常に所在を確認している
  16. 会社名がわからない時の時効の援用手続きとは?/調べるための方法について
  17. 時効の援用を成功させる対処法/適切な準備で成功率を高めよう
  18. 個人再生/個人再生後に返済が難しい場合の対応や滞納リスクについて
  19. 過払い金請求の時効期間/過払い金を請求できる期間や範囲について
  20. 借金は苗字を変えれば踏み倒しできる?/苗字を変えても借金から逃げられない理由
  21. 借金の最終返済日がわからない/借金の最終返済日の調べ方について
  22. 時効の援用後のクレジットカードの作り方/ブラック状態でクレジットカードを作るコツ
  23. 法律で禁じられている借金の取り立て行為/違法な借金の取り立て行為や対処法について
  24. ヤミ金からの借金にも時効はある?/ヤミ金からの借金にも時効は適用されるのか
  25. 法律事務所・裁判所から郵便が届いたときの対処法/法律事務所・裁判所からの督促にどう対応するべきか
  26. 借金をどうしたらいい?/借金どうしたらいいのか悩んだら時効の援用も検討
  27. 借金は100万円から「やばい」/100万円からやばい理由・リスクと対処法
  28. おまとめローンを利用するデメリットとは?/おまとめローンの利用によるデメリットや注意点について
  29. 遅延損害金について/利息との違いや発生によるデメリットとは
  30. 時効の援用をしても車のローンは組める?/時効の援用で車のローン審査が不利になるのかについて
  31. 時効の援用は債務者本人以外でも行なえる?/家族が本人に代わって時効の援用を行なえるのかどうか
  32. 株式投資で借金はできる?/株式投資で借金ができる原因と対処法
  33. 期限の利益について/期限の利益とは?喪失する原因や対処法について
  34. 強制執行されるとどうなる?/強制執行で差押えの対象になる財産や周囲への影響
  35. ブラックリスト入りするとどうなる?/ブラックリストは本当に存在する?ブラックリスト入りする原因と生じる不利益について
  36. 債務の承認について/消滅時効においてNG行為となる債務の承認とは?
  37. 借金は滞納すると年金も差し押さえられるの?/借金を滞納した場合の年金の有無について
  38. 借金200万は自力で返済できる?その方法は?/200万の借金は自力返済できるのか、その方法などを解説
  39. 借金300万円は自力で返済できるの?完済する方法は?/300万の借金は自力完済できるのか、そのコツなどを解説
  40. 借金50万をどう返済する?完済する方法とは?/借金50万円を自力完済できる?返済する方法を紹介。
  41. 借金400万円を返済できる?返済する方法とは?/自力で完済できるの?400万円の借金を返済する方法とは?
  42. 借金があるのに…妊娠!解決法とは/妊娠中に借金問題を解決する方法について解説します。
  43. 自転車操業とは?借金から抜け出すために/自転車操業とは?抜け出すためのポイントを紹介します。

多くの場合、債権者側は借金の滞納者への対処に慣れたプロ。時効が成立するまでなにもせずに見逃してくれるわけではありません。それでも、債務が少額の場合や、滞納している間に複数回転居して連絡がつきにくくなっている場合など、業者側も債権回収の手間暇を考えれば、すべての滞納者を追い切れるものでもありません。

まずは時効の援用という仕組みを理解して、自分の場合にも可能かどうかを検討してみてください。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円(※1)

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る

※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPで価格の記載を確認できませんでした。

関連記事一覧
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。