借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識 » 日本保証債権回収

日本保証債権回収

日本保証と時効の援用について解説しています。同社は社名変更や吸収合併により、日本保証名義以外の債務管理も実施しているので、参考にしてください。

日本保証とは

株式会社日本保証は、もともとは商工ローンの日栄という会社でした(※1)。また、株式会社武富士の消費者金融事業を吸収しているため、日栄や武富士からの借り入れがある場合に日本保証から請求が来る場合があります。したがって、日本保証という会社に聞き覚えがなくとも、請求を放置せず届いた書類の内容を確認しましょう。架空請求と決めつけて放置することで、取り返しのつかない事態になる可能性もあります。

(※1)参照元:福岡時効援用相談WEB公式HP/日本保証(引田法律事務所)への消滅時効援用

日本保証からの請求に時効は成立する?

日本保証から請求の通知が届いたら、まずは「約定返済日」「最終取引年月日」などの日付の項目を確認してください。その日付から5年以上経過している場合は、時効が成立する可能性があります。

減額和解の提案について

日本保証からの通知に、「減額和解のご提案」と記載されている場合があります。これは、一週間以内に連絡すれば元金部分の返済のみに減額できる、といった内容で、5年以上経過しているなら元金部分についても時効が成立するため、こちらには応じないように注意しましょう。

素人判断で対応しないことが大切

時効が成立する期間が経過していても、話し合いに応じたり、示談書にサインしてしまったり、一部の支払いをしてしまったりすることで、時効の消滅事由が生じ、全額の支払い義務が継続します。詳細を把握できていな時点では「知らない」「わからない」で対応するのが良いでしょう。

電話、自宅訪問されたら

日本保証から電話がかかってきたときは、返済期日や最終返済日を確認し、5年以上経過し時効が成立するようであれば「弁護士を通して話す」などの返事をし、直接の話し合いは避けましょう。

また、債権者が自宅を訪問してくるケースがありました。この場合も話し合いをせずに帰ってもらいましょう。できれば直接的なやり取りを避けることが賢明です。

時効の援用は専門家に相談しよう

日本保証からの請求を放置していると、裁判所に支払督促を起こされ、簡易書留で訴状が届くことがあります。訴状を放置すると、欠席採決となり時効が消滅、債務の支払い義務が継続することになってしまいます。

時効の援用が適用される場合、内容証明郵便を送ることでほぼ確実に時効が成立しますが、自分で手続きを行うのは不安も多いでしょう。そんな時は放置せず、ひとりで悩まず、弁護士や司法書士などの専門家に相談してください。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所            

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所            

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。