借金を整理!やさしくわかる「時効の援用」 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 借金の一括請求を放置するとどうなる?

借金の一括請求を放置するとどうなる?

借金の一括請求を放置するのは危険!すぐに相談を

一般的に、督促状が送られて来て、2ヶ月以上放置すると一括請求が届きます。通知を放置すると追い詰められるだけ。貸金業者は「払えるときに払って」というほどやさしくありません。一括請求は分割払いではもう許さないという貸金業からのメッセージと考えてください。

例えば、通常、貸金業からお金を50万円借りて、毎月2万円返済するという契約とします。債務者は毎月2万円返済し続けていれば、元金の一括請求があっても「期限の利益」という権利によって拒めます。

ただ、多くの場合、契約の中には返済の延滞があると「期限の利益を喪失する」という規定があるのです。金融業者からの通知の中には、期限の利益を喪失させるという内容も含まれています。結果、延滞分は元金以外にも、利息や遅延損害金の支払いを一括請求されるのです。

※参照元:民法(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089

借金の一括請求に至る流れ

一般的な借金の一括請求にまでなる流れは下記のとおりです。

  1. 借金の支払期日が過ぎると滞納になる
  2. 数日から1週間経過すると支払い督促の電話
  3. 1ヶ月から2ヶ月経過すると最後通告の催告状が届く
  4. 2ヶ月から3ヶ月で内容証明便の一括請求書が届く
  5. 裁判所から訴状や支払督促が届く
  6. 給料や財産が差し押さえされる

※参照元:債務整理相談 弁護士ほっとライン
https://saimubengo-line.com/credit-card-seikyu/

督促の電話がないケースもあります。いきなり督促状が届く、あるいは催告状もなく、一括請求がされるケースもあるのです。その点は貸金業者により対応は変わります。

ただ、督促や催告状を無視し続けると一括請求になるわけです。支払いについて返答や一部でも返済すれば催告状や一括請求を遅らせられるため、無視し続けるのはリスクが大きいと言えます。

時効の援用で親身に対応してくれる
弁護士事務所を確認

借金の一括請求のリスク 

クレジットカードが使えなくなる

滞納が数日から1週間になると、貸金業者から新しく借入はできません。滞納しているのがクレジットカード支払いの場合だと、使用できなくなります。

1週間から1ヶ月以上滞納すると遅延損害金が発生

督促状が届くと遅延損害金が発生します。遅延損害金が発生することで、借金の額が大きくなるのです。とくに元金が多ければ、滞納日数が長期にわたると手に負えなくなります。遅延損害金の計算は、元金×年率÷365日×滞納した日数です。

※参照元:弁護士法人ひばり法律事務所
https://hibari-law.net/column/?p=406

一括請求書が送られてくるとブラックリスト入り

2ヶ月から3ヶ月経過するとブラックリスト入りです。信用情報機関に事故情報として1年~5年登録されます。ブラックリストに入った状態だと、滞納している貸金業者以外の他社からも借入はできません。クレジットカードも使えなくなるのです。当然、新規でクレジットカードを申し込んでも審査に通るのは厳しいでしょう。ブラックリストは「返済を滞納して信用できない」という烙印を押されたのと同じです。

※参照元:弁護士法人アディーレ法律事務所
https://www.adire.jp/lega-life-lab/blacklist570/

裁判所に行くことになり家族にも借金がばれる可能性が高い

裁判所から訴状や支払督促が届きます。届いたのが訴状だと、指定期日に出向かなければなりません。支払督促だけなら裁判所に行かなくてもいいですが、2週間以内の異議申し立てが必要です。異議申し立てをしないと差し押さえが待っています。

※参照元:裁判所
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_minzi/minzi_04_02_15/index.html

裁判所から書類が届いたら、家族にも見られる可能性があり、借金がばれる可能性もあるでしょう。

最後は差し押さえ

裁判所に出廷しない、答弁書も提出しないと判決が出ます。貸金業者は裁判所から判決というお墨付きをもらった状態です。法的にも強制執行手続きが許されます。強制執行ができるようになると、給与や財産を差し押さえられるのです。

強制執行は避けられません。最低限の生活保障は必要なため給与全部が差し押さえられることはないです。ただお金がほとんどなくなれば生活が厳しくなるのは当然ですし、会社にもばれれば社会的信用は失われます。

借金の一括請求を避けるためにできること

最初から滞納をしない

借金の返済を滞納しないのが基本です。貸金業者は返済をされれば督促も催告状も送ってきません。支払いを忘れた程度で、返済が少し遅れる程度でも、貸金業者に相談をして支払いをすれば厳しい態度を取られないのです。一括請求やブラックリストにも入りません。

問題は滞納を繰り返すことです。2ヶ月以上滞納すれば「元金分も回収できないかもしれない」と判断して厳しい態度になります。

債務整理

借金の返済が厳しくなったら債務整理が有効です。一括請求前に債務整理をすれば、無理のない返済ができます。任意整理や個人再生、自己破産から選べます。借金の金額や返済能力に基づいて選択してください。

任意整理

任意整理は裁判所を通さず、直接貸金業者と交渉します。利息や遅延損害金の免除、月々の支払額を減らすという方法です。ただ、元金の全額返済は求められます。それでも、利息や遅延損が基金の負担が軽くなれば負担は多く減少するでしょう。

注意点は貸金業者と交渉といっても、法律的知識がないと相手にしてくれません。弁護士のような法律のプロの力を借りたほうが無難です。

個人再生

個人再生は裁判所を介した手続きです。メリットは借金を大きく減らせる点で、持ち家や自動車が合っても残せる可能性があります。借金の目的がギャンブルや浪費であってもかまいません。

ただし、貸し手と借り手の間には裁判所が入ります。貸金業者と合意した返済計画でも滞納をすれば、催告状もなく強制執行されるリスクが高いです。

自己破産

自己破産は借金の全額免除ができます。合法的に借金を0にできるのが大きなメリットです。一括請求をされている状態でも認められます。ただ、財産を処分されて返済に回されるなどのデメリットも多いです。職業の制限もありますし、無条件にできるとは限りません。裁判所に自己破産を認めてもらうには条件をクリアしなければならないからです。

また、ギャンブルや浪費による借金だと原則として破産できない点には注意してください。

時効の援用で借金の一括請求を回避できる?

 

最後に返済したのが5年以上前なら、時効の援用が成立する可能性が出てきます。借金にも時効があり、成立すると返済をしなくても済む制度です。

時効の援用には手続きが必要

時効の援用が成立するのは、単に最後に返済してから5年経過しただけでは認められません。最後に返済してから5年以上経過してから、時効の援用の手続きを求められます。「消滅時効の制度を利用します」と貸金業者といった債権者に主張して初めて成立するのです。

手続きは時効援用通知書という書類を作成します。差出人や宛先、受取日や送付内容など証拠を残すために内容証明郵便で債権者に送付する流れです。「最後に返済して5年以上経過したから時効」というように、債務者が勝手に判断できません。手続きをしなければ時効の援用は成立しないのです。

時効の援用を成立させるには厳しいハードルがある

時効の援用は「最後の返済から5年以上経過し、時効の援用の手続きをすればOK」とい単純に考えがちですが、甘くありません。時効の援用が成立するのは厳しいハードルがあるからです。時効の援用にはカウントがリセットされる条件があります。

最後の返済から時効の援用はカウントされるのですが、理由次第で0から再び数え直されるというものです。たとえば、債権者から訴訟を起こされて、請求や支払督促、判決が出れば、その時点で時効の援用までのカウントはリセットされます。

債権者から差し押さえを受けても、カウントはリセットされるのです。債務者によって債務の承認があるとその時点でカウントはリセットされます。そのため忘れていた借金を思い出して貸金業者に連絡を取り「返済します」という言質を取られたらその時点でリセットです。

返済金額も関係ありません。極端な話として、1円でも貸金業者に返済したとします。その時点で「借金がある」と認めることになるのです。そのため時効の援用までのカウントは0に戻ります。当然、貸金業者には「この人は借金を全額返済できていない」と知ることになるのです。当然、取り立てがはじまります。また、貸金業者のような貸し手が裁判上の請求や支払督促をしており、権利が確定した状況だと時効期間が5年から10年に伸びていることも無視できません。その点は勘違いしやすいため注意が必要です。どちらにしても、時効の援用を成立させるには高いハードルのクリアが求められます。

無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識

地域を選ばず相談できる頼れる弁護士事務所
【PR】東京スカイ法律事務所
田中健太郎先生

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP(https://www.tsky.jp/)

代表弁護士:田中 健太郎 先生

法律相談件数が20,000件を超える実績(2023年8月時点)がある東京スカイ法律事務所では、【借金問題の相談無料】という相談者にとって非常に助かるサービスを提供しています。

東京に居を構える弁護士事務所ですが、地方からの相談にも対応しており誰からの相談にも真摯に応えてくれる頼れる弁護士事務所となります。

借金相談無料

土日相談可

電話相談可

メール相談可

※債務整理(個人破産・法人破産・個人再生・任意整理・過払金の回収)・相続・住宅ローン・時効援用・立退きに関する相談は無料です。その他の法律相談は、30分5500円(税込)になります。

※記載している実績は2023年8月調査時点での情報となります。

アクセス

所属弁護士会 第一東京弁護士会
所在地 東京都中央区京橋二丁目12-9
ACN京橋ビル601
営業時間 9:00~21:00
連絡先TEL 0120-0505-90
その他に時効の援用について相談できる弁護士事務所

※選定基準:2023年6月20日時点でGoogle検索にて「時効の援用」で表示された全175件の中から弁護士事務所として表示された58社を調査、その中で公式サイト内で時効の援用に対応できることが明記されている弁護士事務所の中から29社を掲載しております。

アディーレ法律事務所

所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60

電話番号:0120-316-742

所属弁護士会:第一東京弁護士会

泉総合法律事務所

所在地:東京都港区新橋1-7-1 近鉄銀座中央通りビル5F

電話番号:0120-334-001

所属弁護士会:第二東京弁護士会

自由が丘法律事務所

所在地:東京都世田谷区奥沢2-17-15 サニーコート自由が丘101号室

電話番号:03-6421-3429

所属弁護士会:第一東京弁護士会

山本綜合法律事務所

所在地:東京都千代田区神田佐久間町2-1奥田ビル6F

電話番号:0120-509-800

所属弁護士会:東京弁護士会

弁護士法人名古屋総合法律事務所

所在地:愛知県名古屋市中区丸の内2-20-25

電話番号:0120-758-352

所属弁護士会:愛知県弁護士会

清水綜合法律事務所

所在地:愛知県名古屋市中村区名駅3-26-19 名駅永田ビル5F

電話番号:0120-758-432

所属弁護士会:愛知県弁護士会

弁護士法人エース

所在地:東京都中央区銀座6-3-9 銀座高松ビル9F

電話番号:0120-905-959

所属弁護士会:第一東京弁護士会

多摩中央法律事務

所在地:東京都立川市高松町3-17-2 I-cap building2F

電話番号:042-512-8774

所属弁護士会:東京弁護士会

西九州総合法律事務所

所在地:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5650-26

電話番号:0954-27-8056

所属弁護士会:佐賀県弁護士会

弁護士法人えそら

所在地:東京都千代田区神田鍛冶町3-3-9 喜助新千代田ビル72号

電話番号:03-4233-0796

所属弁護士会:第一東京弁護士会

草津駅前法律事務所

所在地:滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

電話番号:077-565-8955

所属弁護士会:滋賀弁護士会

よつば総合法律事務所

所在地:千葉県柏市柏1-5-10 水戸屋壱番館ビル4F

電話番号:0120-916-746

所属弁護士会:千葉県弁護士会

上野俊夫法律事務所

所在地:群馬県館林市本町2-2-14 アドホック館林2F

電話番号:0276-56-4736

所属弁護士会:日本弁護士連合会/群馬弁護士会

弁護士法人ラグーン

所在地:山口県下関市南部町2-7

電話番号:083-234-1436

所属弁護士会:山口県弁護士会/福岡弁護士会

平野町綜合法律事務所

所在地:大阪府大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル8F

電話番号:0120-823-547

所属弁護士会:大阪弁護士会

川上・吉江法律事務所

所在地:岩手県盛岡市本町通1-10-7 マルモビル2F

電話番号:019-651-3560

所属弁護士会:岩手弁護士会

アーク虎ノ門法律事務所

所在地:東京都港区赤坂2-19-8 赤坂2丁目アネックスビル6F

電話番号:03-6453-0840

所属弁護士会:第一東京弁護士会

ひかり法律事務所

所在地:東京都港区芝5-26-30 専売ビル7F

電話番号:0120-193-702

所属弁護士会:日本弁護士連合会

虎ノ門法律経済事務所

所在地:東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル9F

電話番号:03-5501-2685

所属弁護士会:東京弁護士会

ふづき法律事務所

所在地:東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル8F

電話番号:03-6686-6155

所属弁護士会:東京弁護士会

弁護士法人鳳法律事務所

所在地:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-14-19

電話番号:048-764-8321

所属弁護士会:東京弁護士会

真下法律事務所

所在地:東京都台東区東上野1-13-15 アーバントップビル7F

電話番号:0120-978-695

所属弁護士会:東京弁護士会

片岸法律事務所

所在地:大阪市東住吉区駒川3-12-5

電話番号:06-6628-6202

所属弁護士会:大阪弁護士会

借金が消滅する?
時効の援用とは

借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。

     
時効の援用の相談ができる弁護士事務所まとめ

貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。

借金の滞納・未払いとその時効について

借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。

時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~

時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。

無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識

債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。