借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 時効の援用後のクレジットカードの作り方

時効の援用後のクレジットカードの作り方

普段の買い物やネット通販、急にお金が必要になった場合など、クレジットカードがあれば便利なシーンはたくさんあります。ただし、時効の援用でブラックリストに載ってしまった場合、基本的に掲載期間中はクレジットカードを作れません。ここでは、時効の援用でブラックになった状態でもクレジットカードを作るコツや注意したいポイントなどをまとめました。

時効の援用でクレジットカードが作れない理由

時効の援用をするとクレジットカードの作成が難しくなるのは、信用情報機関に「滞納した借金を返済しなかった」という事故情報が記載されるためです。クレジットカード会社は信頼できる相手かどうかの判断材料として信用情報機関の情報を参考にするため、以前契約していたカード会社じゃなくても審査に通らなくなります。

時効の援用後の信用情報の扱われ方

信用情報機関は3つあり、クレジットカード会社の審査によく使われるのが日本信用情報機構(JICC)と指定信用情報機関(CIC)の2つになります。日本信用情報機構は時効の援用をすると登録されている情報がすぐに抹消されますが、注意したいのが指定信用情報機関に登録されている情報です。

指定信用情報機関では、時効の援用後の情報の取り扱い方が分かれており、日本信用情報機構と同様に時効の援用ですぐに情報が抹消されるケースもあれば、「貸し倒れ」として事故情報が5年間残るケースもあります。貸金業者側が信用情報機関にどのように情報を登録したかによって、情報の扱われ方が変わるようです。

情報がすぐに抹消されるケースであれば、時効の援用後でもクレジットカードを作ることができます。一方で事故情報として掲載されてしまうと5年間は残ってしまうので、クレジットカードを作るのは難しいと言えるでしょう。自分の情報がどうなっているのか気になる方は、指定信用情報機関に開示請求することで確認できます。

指定信用情報機関(CIC)の信用情報を確認する方法

指定信用情報機関に登録されている信用情報を確認するには、インターネットや郵送での請求、指定信用情報機関の窓口、専門家への依頼といった方法があります。インターネットや郵送で自分自身の情報を開示請求する場合の費用は1,000円、窓口であれば500円、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するケースだと10,000円程度のお金が必要です。

時効の援用後にクレジットカードを作るポイント

機械審査(スコアリング)の合否で決まる会社が狙い目

信用情報機関に事故情報が登録されているブラックの状態でクレジットカードを作るのであれば、審査の合否の判断に機械審査(スコアリング)を導入しているカード会社がおすすめです。クレジットカードの申し込みを公式ページやキャンペーンサイトから行なえるWEB審査の場合、仮審査として機械審査が用いられています。

機械審査とは、年収や職業、勤務年数などといった属性にスコアをつけて判断する審査方法のことです。トータルスコアがカード発行の基準を超えていれば仮審査に合格でき、専門部署の担当者がカードを発行するかどうか判断する本審査に進めます。そのため、属性が優れていれば信用情報がブラックだとしてもカードを発行してもらいやすいのです。

クレジットカードの多重申し込みはしない

クレジットカードの仮審査に通るか不安だからといって、何枚も同時に申し込むのはやめましょう。多重申し込みはクレジットカード会社が嫌がる行為となり、ブラック扱いされかねません。また、クレジットカード会社への申し込み記録も信用情報に記載されるので注意が必要です。申し込み記録はあるのに成約記録がないとクレジットカード会社から信用を疑われ、余計にクレジットカードの審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、審査で落ちてしまったら、申し込み情報の消える半年はカードの申請を我慢することが大切です。

クレジットカード会社からの信用を得る

機械審査(スコアリング)を導入している比較的審査のゆるいカード会社でもカードを作れない場合、クレジットヒストリー(取引記録)に支払い遅れや延滞といった情報が残っている可能性があります。クレジットヒストリーはお金の取引を記載した履歴書のようなものなので、何の情報もないホワイトの状態でも、「何か問題があってカードを作れなかったのでは?」と疑われて審査で不利になりかねません。

クレジット会社からの信用を得るには、請求通りにきちんと支払いをした記録を積み重ねることが重要です。たとえば、テレビの通販番組の分割払いや携帯電話やスマートフォンの通話料の支払いを継続して行なうことでも、クレジットヒストリーをつむことができます。また、1枚でもクレジットカードを作ることができれば、そのカードでクレジットヒストリーをつむことで、希望するクレジットカードを発行をしてもらいやすくなります。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円(※1)

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る

※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPで価格の記載を確認できませんでした。

借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。