借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金の滞納・未払いとその時効について » 奨学金

奨学金

最近では、大学へ進学する半数以上の人が奨学金を借りているとも言われる一方で、奨学金を滞納する人が急増しています。

「安定した仕事に就けず返す余裕がない」「就職してもリストラや倒産に遭い、職を失った」という人が増加しているからで、2000年以降続いた経済不況が原因とされています。

ここでは、時効の援用で奨学金の返済を解決できるかについてまとめました。

奨学金の未払いが続いてしまった場合、どのように対処するのが適切か、ぜひ参考にしてみてください。

奨学金にも時効はある

奨学金も通常の借金と同じく、一定期間返済しないと時効が発生します。ただし、消費者金融からの借金やカードローンなどの貸金の時効が5年なのに対し、奨学金の時効は10年です。

これは、奨学金を貸与する「日本学生支援機構」が営利を目的として貸付を行う法人ではないからです。

時効の起算点に注意

奨学金には、返済を滞納した場合に一括で返済を請求されてしまう「利益喪失」の特約がほぼありません。そのため、返済期日ごとの分割された代金ごとに時効が進行します。

つまり、最後の返済から10年が経過しても時効が成立するのは最後の返済日分の支払い分のみで、それ以降の支払いに関してはまだ時効が成立していないことになるのです。

裁判上の請求に注意

奨学金を9ヶ月以上滞納している場合、日本学生支援機構は借主に対して一括返還を求めてきます。もしもその一括返還に応じなかった場合、裁判所に申し立てを行うでしょう。

裁判所の支払い督促が届いたら、期限までに異議を申し立てないと強制執行が行われます。給料や預金口座を押さえられてしまうため注意が必要です。

取り立てが厳しくなった奨学金

巨額の奨学金が滞納されている現状を受け、奨学金事業を運営する日本学生支援機構は、いっそう滞納金の回収に力を入れるようになりました。

債権回収会社に委託して、延滞者に対して一般のクレジットカードやローン会社のように督促を行うようになったのです。

また、信用情報機関に加盟し、奨学金を滞納した人の情報を金融事故として登録するようになりました。3か月以上未払いが続いてしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。

いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまい、完済してから最低5年間は新たにローンを組めなかったり、クレジットカードを作れなくなったりするため注意が必要です。

まずは法律の専門家に相談を

日本学生支援機構は、奨学金の返済に困っている人々のために救済制度をつくりました。期限の猶予や一定期間の返済額の減額などです。

もちろん、この先どうしても支払えそうにないという場合には、自己破産や自己再生といった方法で解決できる可能性もあります。

前述したように、奨学金は借りたすべての金額が一度に時効を迎えるわけではありません。よって、時効の援用は不可能ではないにしろ通常の借金よりも複雑で難しくなります。支払いに悩んだ際には自分だけで解決しようとせず、一度法律に詳しい専門家へ相談しましょう。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社5万円~

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。