借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金の滞納・未払いとその時効について » 親の借金

親の借金

「親が亡くなったあとに借金が発覚した」「親が亡くなって何年もしてから借金の返済を求められた」このように、全く知らなかった親の借金の支払いを突然請求されると、誰でも慌ててしまうものです。

親の借金であっても、子どもは必ず返済しなくてはならないのでしょうか。また、時効の援用は活用できるのでしょうか。基礎知識をおさえながら、時効の援用の適用条件や注意点を知っておきましょう。

借金の返済義務が必ずしも生じるわけではない

子どもだからと言って、親が背負った借金の返済義務が必ずしも発生するわけではありません。借金はあくまでもお金を借りた名義人個人の問題です。現に、法律では債務者以外への弁済の要求は禁止されています。(貸金業法21条1項7号)

しかし、親の財産を相続した場合は例外です。また、親の借金の連帯保証人になっている場合や親が子どもの名義で借金をしていた場合、親の死後に返済を求められる可能性があります。

参照元:e-GOV法令検索「貸金業法」(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=358AC1000000032)

相続人は負の財産も相続する

親が亡くなったときに相続するのは、プラスの財産だけではありません。借金などのマイナスの財産も相続することになります。預貯金などを一部でも相続した場合、親が残した借金の返済義務も受け継ぐことになってしまうのです。

親の借金を受け継がない方法のひとつに「相続放棄」がありますが、これはプラスの財産も含めてすべて放棄しなくてはなりません。不動産などを相続したい場合には相続放棄ができないため、借金も相続するしかなくなってしまいます。

親の借金を時効の援用で解決するには

亡くなった親の残した借金や未払い金は、死後数年以上経過してから請求されることも少なくありません。このような場合には、消滅時効を援用することで返済義務を無くせる可能性があります。

消滅時効を援用する

消滅時効とは、債権者が一定期間権利を行使しなかった場合、その権利が消滅するという制度です。親が亡くなってから何年も経ったあとに借金の返済を求められた場合には、督促の時点ですでに消滅時効が完成している可能性があります。それを証明するために、被相続人と債権者との取引履歴などを調べる必要があります。

自己判断せず専門家に相談を

親の死後に借金返済を求められ、慌てて債権者とのやり取りを行わないようにしましょう。相手は「お金を貸すプロ」です。あの手この手を使って、何としても貸した金を回収しようと考えます。債権者とやり取りをすることで、うっかり「債務承認」をしてしまい、時効を中断させてしまうケースも往々にしてあるのです。

亡くなった親の借金で督促を受けたら、口頭であっても安易な受け答えはせず、法律の専門家に相談することをおすすめします。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社5万円~

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。