借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 信用情報を確認する方法とは?

信用情報を確認する方法とは?

このページでは、信用情報とは何か、また開示に関する情報をまとめています。たとえば、カードローンの審査に落ちた理由がわからない、クレジットカードを申し込むにあたり自分の信用情報がどうなっているか確認したいといった場合には確認するメリットがあるといえるでしょう。

信用情報とは?

個人の信用をもとに行われる金銭取引(クレジットカードやローンなど)の情報を記録したものを信用情報と呼んでいます。わかりやすくいうと「その人がこれまでにローンやクレジットカードをどのように利用してきたか」という点が記載されている利用履歴、となります。

普段、普通に生活する上ではあまり意識することがない言葉ではありますが、ローンを契約する際、クレジットカードを発行するときなど、実は身近なところで利用されている情報です。

この信用情報は、下記の3つの信用情報機関により管理されています。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
    クレジットカード・携帯料金(割賦)などの情報を取り扱っている
  • JICC(日本信用情報機構)
    消費者金融に関する情報を取り扱っている
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)
    銀行の情報など(銀行ローンの履歴など)を取り扱っている

このように、取り扱われている情報はそれぞれの信用情報機関により異なっています。ただし、滞納履歴など情報の一部は、それぞれの機関内で共有されています。

時効の援用を行った場合の信用情報は?

信用情報について、「時効の援用を行った場合はどうなるのか?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

例えば、CICの場合には、契約終了または貸し倒れという形になるようです。また、JICCの場合には該当情報なし、として記録自体が削除される、と言われています。

ただし信用情報を更新するのは金融業者であり、その対応は業者によって異なります。そのため、時効の援用を行ったとしても信用情報が更新されない場合もあるようです。

信用情報の開示条件

信用情報を確認するためには、本人からの申し込みが必要となります。例えば本人からCICに開示を依頼した場合、下記の内容が確認できます。

クレジット情報

クレジットやローンなどの契約内容、支払い状況、残高などの情報が確認できます(CIC加盟のクレジット会社との契約内容が確認できます)。具体的には、契約した会社名や氏名、生年月日、電話番号、契約内容、契約した日、請求額、入金額、残高、返済・入金の状況などの確認が可能です。

申し込み情報

新しくクレジットやローンを申し込んだ場合、CIC加盟のクレジット会社などが支払能力調査を目的として確認した情報を確認できます。

具体的には、申し込んだ会社名、氏名、生年月日、電話番号、確認日、契約予定額などの確認が可能です。

利用履歴

CIC加盟のクレジット会社が、クレジットやローンなどにおける利用途上などの審査を行う目的で、信用情報を確認した記録が確認できます。

具体例としては、利用した会社名、氏名、生年月日、電話番号、確認日、確認した目的などの確認が可能です。

参考情報

CICが独自に収集した情報。本人がCICに申告した情報や、日本貸金業協会から登録を依頼された情報などが確認できます。

具体的な内容としては、氏名、生年月日、電話番号、申告内容、コメントなどが確認可能です。

信用情報の確認方法

CICに対して信用情報を確認するためには、「インターネットで開示依頼」「郵送で開示依頼」「窓口で開示依頼」の3種類があります。それぞれの方法について見ていきましょう。

インターネットで開示依頼

パソコンやスマートフォンなどを使用し、画面上から開示報告書をすぐに確認できる方法。クレジットなどの契約に利用した、発信番号を通知できる電話を用意する必要があります。また、インターネットで開示した事実を連絡するためのメールアドレスも必要となります。

サービス日時は8時から21時45分となっています。

郵送で開示依頼

開示申込書と本人確認書類など必要な書類に加えて、手数料を支払うための定額小為替証書を用意し、必要な書類一式を「郵送開示センター」に郵送します。情報開示に必要な書類は、本人の場合・任意代理人の場合・法定代理人の場合・本人が亡くなっている場合といったケースによって異なりますので注意が必要です。

開示の目安はおよそ10日前後。開示報告書が郵送で届けられます。

窓口で開示依頼

CICでは、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡に開示窓口を用意しています。窓口では、タッチパネル端末を使用して入力操作を行うことによって開示依頼を行えます。開示報告書はその場で手渡しが行われます。情報開示に必要な書類は、郵送開示のサイト同様に本人の場合・任意代理人の場合・法定代理人の場合・本人が亡くなっている場合といったケースによって異なりますので注意が必要です。

窓口で開示依頼ができるのは平日のみ(10:00~12:00 / 13:00~16:00)となっています。

信用情報の開示料金・手数料

信用情報の開示を依頼する際には、手数料が必要となります。

例えば、CICに開示を依頼する際ですが、どの方法で開示を依頼するかによって必要な費用が異なります。

インターネットで開示を依頼する場合

インターネットで開示を依頼する場合には、1,000円の手数料が必要です。また、支払い方法はクレジットカードのみとなります。

郵送で開示を依頼する場合

郵送で開示を依頼する場合には、ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書1,000円が必要となります。

窓口で開示を依頼する場合

窓口で開示を依頼する場合には、手数料500円が必要となります。


※参照元:CIC|情報開示とは(https://www.cic.co.jp/mydata/index.html

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万5,000円

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万4,000円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円(※1)

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
  • ※公式HPで価格の記載を確認できませんでした
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社または2社の場合 11万円

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
  公式HPで詳細を見る

※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPで価格の記載を確認できませんでした。

借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。