借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ » 弁護士と司法書士の違いとは?

弁護士と司法書士の違いとは?

時効の援用や債務整理など借金問題において、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲について解説します。

140万円が基準!弁護士と司法書士の借金問題における違い

時効の援用について依頼できる専門職としては、弁護士と司法書士とがあります。ただし、両者には依頼できる内容と対応できる業務範囲に違いがあります。債務整理を含めた借金問題という観点から、その違いを整理してみましょう。

司法書士は140万円までの事件に関して、簡易裁判所の代理人になることができます。一方、弁護士にはこうした制限がなく、地方裁判所や高等裁判所、最高裁判所でも依頼者の代理人になることができます。140万円という基準は個別債権の価額なので、複数債権があっても、ひとつひとつが140万円以下なら司法書士でも対応はできるのですが、裁判になってどちらかが控訴した場合は、結局弁護士でないと代理人になれないわけです。

こうした基本的な違いがわかっていれば、最初から弁護士に相談する方が無難といえます。時効の援用にしろ、過払い金請求にしろ、依頼者が金額を正確に把握していなかったり、債権者がどんな対応をしてくるのかわからな場合が多いです。最初から弁護士に依頼しておけば、最後まで面倒を見てもらえるでしょう。また、借金問題に強い弁護士なら、個々の業者について、どんな対応をしてくるのか熟知しているケースもあります。

代理人として司法書士の限界とは

そもそも司法書士が債務整理業務を行えるようになったのは、平成14年に司法書士法が改正されて、示談交渉権や簡易裁判所代理権が認められるようになったから。厳密にいえば、すべての司法書士が該当するわけではなく、決められた研修を修了し、法務大臣に認定された司法書士のみが、依頼者の代理人として債権者と交渉をしたり、簡易裁判所での代理人になることができます。

司法書士は本来、書類作成業務がメイン。自己破産や個人再生を依頼する場合、司法書士が代理人になれるのは、任意整理だと債権額が140万円までという制限があります。司法書士事務所の中にも、借金問題で豊富な実績を持っているところもありますが、司法書士だと対応に限界があることを、予め知った上で相談先を選びましょう。特に時効の援用だと、依頼者が知らないうちに債権者から訴えられていたというケースもあるので要注意です。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万円~

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万3,200円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社5万円~

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。