借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識 » 主な債権回収会社一覧 »  ニッテレ債権回収

ニッテレ債権回収

債権回収会社では日本初のプライバシーマークを取得した、個人情報保護に力を入れている「ニッテレ債権回収」の特徴・主要取引先(貸主)の情報を紹介しています。

ニッテレ債権回収の特徴

ニッテレ債権回収の前身は、昭和61年に設立された「北海道クレジットサービス株式会社」です。

設立の約4ヶ月後、商号を「全日本クレジットサービス株式会社」と変更したものの、翌年には「日本テレサーチ株式会社」へと再度変更しています。

現在の「ニッテレ債権回収」という名前になったのは、設立から9年後の平成11年。同時に法務省へ債権回収会社の営業許可申請を行っています。

ニッテレ債権回収は、サービサー(回収業者)業界で初のプライバシーマークを取得した会社でもあります。個人情報の保護や、法令遵守を特に意識しているようで、債権者(貸主)からの評判も良いようです。

現在は、NTSホールディングス株式会社の完全子会社として運営しており、電話や郵便での連絡が取りづらい小口無担保の債権回収を得意としているそうです。

※小口無担保債権とは、借りたお金の保証として住宅や車などを担保としていない少額の債権のこと。担保となる物品がないので、返済がない場合は給料差し押さえなどで借金を回収することが多いようです。

主な取引先は、ドコモ、DCMX、ソフトバンク、ローソンCSカード、クレディセゾンです。

他にも、銀行やリース会社、クレジット会社(VISA、JCB系列、マスター)をはじめ、医療機関や地方公共団体、電力会社・ガス会社など、平成27年時点での契約企業数は875社もあります。

ニッテレ債権回収の流れ

ニッテレ債権回収は、どのような流れで債権回収を行なっているのでしょうか。具体的な流れについて、説明をしていきましょう。

知らない電話番号から着信が頻繁にある

自宅の電話や、スマホに知らない番号から頻繁に着信がある時は、ニッテレ債権回収から電話がかかっている場合が高いと思いましょう。
0120-545-808や、0570-783-890という番号は、ニッテレ債権回収からの電話です。もし、この番号に該当するようであれば、無視をするのではなく、素直に電話を折り返しましょう。もし、折り返さないと払う意思がないと思われ、次のステップへと進んでしまう場合があります。次のステップになると、催促状になります。

催促状が届く

自宅に催促状が郵便物で届く場合があります。この時は、既に催促状が届いている状態なので、滞納しているお金を支払わないと最悪のケースになると突然口座を凍結される可能性があります。それだけではありません。差し押さえということも考えられます。もし、催促状が届いた場合は、自分の支払いをしている中で本当に滞納しているものが無いのか確認をしましょう。詐欺では無いので、無視は厳禁です。書類を開いてどうすれば良いのか検討しましょう。もちろん、対応によっては口座凍結や差し押さえを回避する方法があります。

このような流れで、催促状を放置していると差し押さえや口座を凍結されてしまうことにつながります。最悪の結果を招かないようにするためには、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

通知書が届いた時の対処法

ニッテレ債権回収から通知書が届いた場合は、支払うことをしなければなりません。放置しておくのが一番いけません。放置することで、口座を凍結される場合があります。それでは、どのように対処をするべきなのでしょうか。

支払う選択をする

最も選択すべき行動が、支払いをする方法です。請求額によっては、滞納した分だけではなく、遅延金を支払う場合があります。そのため、当初よりも高い料金を請求されてしまう場合があります。また、一気に払えない場合があるかもしれません。そんな時は、分割で支払うことが出来ないかの交渉を行いましょう。

分割交渉を専門家と行う

場合によっては、一括で支払うことが出来ない状態でも分割で支払えれば何とか払えるということもあるので、検討しましょう。分割で支払いたい場合は、ニッテレ債権回収に電話をして交渉となります。全てのケースで分割払いが適用されるわけではありませんが、向こうも確実に債権を回収したいので、交渉に応じてくれる場合があります。しかし、この時注意が必要なのが1人で交渉してはいけないということです。専門家に相談したところ、一括で支払うことは出来ないという旨を伝えましょう。また、この時専門家に相談をしている時は、交渉は専門家に任せることをお勧めします。債権回収会社は、こちらの都合に関係なく電話をしてきます。重要な仕事の合間に電話をされても困るので、専門家に電話をするように誘導しましょう。
しかし、支払うだけが取るべき手段ではありません。こちらが支払わずに請求の難を逃れる方法が全くないということではないので、合わせてそちらもチェックしておきましょう。それでは、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

期限の利益喪失日

期限の利益喪失日を確認することで、時効を利用することが出来る場合があります。
これは、期限の利益喪失日もしくは最終返済日から5年以上経過している場合に消滅時効の利用をできる可能性があるからです。そのため、通知書に添付されている最終返済日をチェックしておきましょう。
5年以上経過しているのであれば、同封される答弁書に、「消滅時効を援用する」と記載して裁判所に提出をすれば支払わなくて良いというケースにあたります。
しかし、これらの手続きをしなければ時効の活用は無理なのでしっかり提出すべき書類を提出するように気をつけましょう。ただし、これも素人だけの知識では太刀打ちできません。
素人が書類を提出したところで、判決が確定するわけではないので弁護士に相談することをお勧めします。自分のケースが時効の援用に当てはまるのか? どうすれば時効が成立するかなど、プロの意見を聞いておきましょう。

時効の難しさ

しかし、この時効制度は一見魅力的な制度に思えるかもしれませんが、様々なハードルがあります。
そもそも、準備すべき書類が多いので、それだけで対応に追われます。また、専門家の知識が無くては成立しません。これだけではありません。時効が成立したとしても、相手に「債務名義」を取得されてしまったら意味がないのです。もし、債務名義を取得されてしまうと、時効が成立していたとしてもチャラになってしまいます。しかも、この債務名義を取得された場合は、10年経過しないと時効を主張することができません。そのため、事実上時効が成立しないということになります。
また、債務名義を取得すると、強制執行も可能な段階になります。
強制執行は、給与や銀行口座を強制的に差し押さえることが可能な制度です。この段階になると、差し押さえは不可避になってしまうので、素直に支払いを行うことをお勧めします。

債務整理をする選択

一気に請求された滞納金を支払うことが厳しいのであれば、債務整理を検討しましょう。
債務整理というと、自己破産というイメージを持っている人もいるかもしれません。
自己破産の場合、ネガティブな印象があるかもしれませんが、自己破産だけが債務整理ではありません。実は借金を減らす方法は自己破産以外にもあります。

任意整理

任意整理の場合、利息をカットできる方法で、リスクが少ない方法です。この方法で行えば、債権回収で請求された額を軽減することが可能かもしれません。実はリスクが少ないため利用する人は多くいます。

個人再生

3年で借金を完済できる制度で、債権回収時に検討することができる方法です。この方法にすれば、請求額も圧縮することができるので、専門家に意見を聞いてみるのも良いでしょう。

このように、支払う方法を検討してどれも難しいと感じるのであれば、債務整理を行う選択肢も検討しましょう。この時、ニッテレ債権回収には、債務整理をしている段階だということを説明することが必要です。

やってはいけないことは?

ニッテレ債権回収から通知書が届いてやっていけないことがあります。先ほどから何回か触れていますが、無視をすることです。無視をし続けることで、不利益を被ります。もちろん、自分の口座を差し押さえられてしまうリスクがありますが、無視をしたことで遅延金を払わなくてはいけない状況になります。このように、自分の状況が悪くなるので、電話に着信があった。あるいは、通知書が届いた時は速やかに対処しましょう。

専門家の意見を聞く

また、ニッテレ債権回収に連絡をしてそのまま指示に従うだけではなく、少しでも安くする方法を模索するためにも専門家の意見を一度聞いてみることも重要です。もしかすると、専門家のアドバイスによって支払うべき料金を最小限に抑えることができるかもしれません。困った時は、一度専門家に意見を聞きましょう。
今回あげたポイントに注意しながら、ニッテレ債権回収からの通知書への対処をしてください。
きっと良い対策ができると思いますよ。

ニッテレ債権回収の基本データ

ニッテレ債権回収は、以下4つの事業を行う債権回収会社です。

  • 特定金銭債権の受託とその管理・回収及び買取業務
  • 上記以外の正常債権の受託(集金代行)業務
  • 事務代行業務
  • 法務手続きの代行その他債権の管理・回収全般にかかわる業務
商号 ニッテレ債権回収株式会社
会社設立日 昭和61年8月1日
営業許可年月日 平成11年6月1日
許可番号 法務大臣第7号
資本金 5億25百万円
株主 NTSホールディングス株式会社

ニッテレ債権回収の事業所一覧

  • 本社(東京都)
    住所:〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目16番20号 芝浦前川ビル5F
    電話番号:03-3769-4611(代表)
    ※東京支店(電話番号:03-3769-4601)同ビル3Fに併設
    ※東京サービシングセンター(電話番号:03-5427-7830)同ビル3Fに併設
  • 札幌支店(北海道)
    住所:〒060-0031 北海道札幌市中央区北一条東1丁目2番5号
    電話番号:011-281-7200(代表)
    ※札幌サービシングセンター(電話番号:011-200-8200/011-200-8032)併設
    ※札幌事務センター・ドコモdカード受託センター(電話番号:0570-783-890/0570-783-866)併設
  • 仙台支店(宮城県)
    住所:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目1番2号 NOF仙台青葉通りビル8F
    電話番号:022-216-9539(代表)
  • 名古屋支店(愛知県)
    住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目5番11号 名古屋伊藤忠ビル6F
    電話番号:052-203-5057(代表)
  • 大阪支店(大阪府)
    住所:〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2丁目1番6号 堺筋本町センタービル8F
    電話番号:06-6271-9900(代表)
  • 高松支店(香川県)
    住所:〒760-0023 香川県高松市寿町2丁目1番1号 高松第一生命ビル新館6F
    電話番号:TEL 087-823-4722(代表)
  • 広島支店(広島県)
    住所:〒730-0011 広島県広島市中区基町11番10号 合人社広島紙屋町ビル5F
    電話番号:082-511-8541(代表)
  • 福岡支店(福岡県)
    住所:〒812-0039 福岡県福岡市博多区冷泉町5番32号 オーシャン博多ビル6F
    電話番号:092-263-0573(代表)
    ※福岡事務センターを同ビル5Fに併設
    ※福岡サービシングセンター(電話番号:092-283-2576)併設
    ※福岡コールセンター(電話番号:092-283-2231)併設

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万円~

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万3,200円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社5万円~

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。