借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金の滞納・未払いとその時効について » キャッシング・カードローン

キャッシング・カードローン

現金の借入であるキャッシングやカードローンの支払いを滞納した場合、どうなるのかを調べてまとめています。また、借金が時効となるのに必要な条件なども紹介します。

即催促あり!キャッシングやカードローンの滞納・未払いの放置

キャッシングやカードローンの支払いを滞納すると債権者からは以下のようなアクションを起こされます。

  1. 返済日
    キャッシングやカードローンの場合、期日までに支払いをしないと返済日の翌日には自宅や携帯電話に連絡が来ます。ここでは可能な範囲で早めに支払える期日と資金繰りのあてを伝えますが、その通りに実行をしないと何度も電話がかかってきます。
  2. 督促状
    自宅や携帯電話への連絡を放置すると、勤務先に連絡が来たり、場合によっては直接担当者が出向いてくることもあります。それとともに督促状が送られてくるのです。きちんとした登録業者が違法な取り立て行為をすることはありませんが、度重なる催促や勤務先への連絡、自宅訪問などはかなりのプレッシャーになるでしょう。
  3. 延滞3ヶ月後
    この時点で金融業者は信用情報に支払いの延滞という事故情報を登録します。
  4. 他社借入のNG
    信用情報は多様な金融業者間で共有されているので、他社からの借入はもちろん、クレジットカードやローンの審査にも通らなくなります。
  5. 訴訟
    滞納を3ヶ月続けると金融業者から訴訟を起こされて、裁判所から支払督促状が送られてきます。これは期限までに滞納分を一括返済しろというもので、支払いをしないと差し押さえされるため2週間以内に異議申し立てをします。また、金融業者によっては債権回収会社に債権譲渡をして、そちらから訴訟されるケースもあります。

キャッシング・カードローンの時効について

キャッシングやカードローンなど、貸主が法人の場合の借金の時効は、最後の支払いをしてから5年とされています。

ただし、その間に貸主からの法的アクションがなく、自分からも全く支払いをしていないことが条件。

また、時効の期間が来たからといって、そのまま借金の返済義務がなくなるわけではありません。

時効期間が過ぎたことを相手に伝える、時効の援用という手続きが必要になります。

時効の援用の手続き自体は、貸主に書類を送るだけで済むのですが、時効条件を満たしているかどうかの確認や、貸主とのやり取り等、法的な知識が少なからず必要とされます。

もし、時効が成立しそうな借金がある場合は、安易に自分で行動を起こそうとせず、まずは法律の専門家に相談してみることをおすすめします。

キャッシング・カードローンの時効援用の成功例・失敗例

ここからは、キャッシング・カードローンの時効援用に成功した例、また失敗した例を実際のケースをもとにご紹介していきます。

時効援用で借金を3分の1以下にできた成功例

Aさんはいくつかのキャッシング会社で金銭消費貸借を結び、自分の遊興費のためにちょくちょく借金をするという生活を繰り返していました。

結婚後は遊ぶ機会も少なくなり新たに借金をすることもなくなったのですが、改めで自分の手元にある貸付明細書などを確認すると3社に合計200万円超の債務が残っていることに気が付きました。

独身の際には何度か督促も来ていたのですが、しばらく支払いをしないでいると自然と督促もやむようになりました。

そのまま忘れていた状態で結婚したのですが、もちろん今一括で返済できるほどの現金は持っていません。

しばらく返済をしていないということから、Aさんは時効が来ているのではないかと思い立ち、法的専門家に相談することにしました。

よくよく調べてみるとAさんの債務のうち、1社は最後の返済から4年しか経過しておらず、法的に時効が成立する5年が経過していないために時効が援用できませんでした。

しかし残る2社はすでに最後の返済から5年以上が経過しており、時効の援用を主張する内容証明郵便を送付、その後相手方から時効の援用を承諾する旨の返答が来て、無事3社のうち2社の債務はゼロとなりました。

残る1社もあと1年ほどで時効が完成するため、このまましのぐことができれば来年改めて時効の援用を行う予定だそうです。

ここでポイントなのが、法人からの借り入れの場合は5年が時効であるということ。

一般人同士の貸し付けであれば10年経過しなければなりませんが、法人からの貸し付けということもあって無事時効を援用することができたのです。

まさかの理由で時効援用できなかった失敗例

Bさんは収入の少なさから家計を補うために銀行系のカードローンを契約。ときどき借り入れをしては生活費に充てていました。

その後仕事が順調になり収入も上がったのですが、次第に自分が借金をしていたということも忘れ返済を送れるようになってしまいました。

最初のうちは銀行から口座の入金忘れだと督促を受けるたびに支払っていたのですが、次第にそれも面倒くさくなり返済をしないように。

銀行もしばらくは執拗に督促をしてきたのですがしばらくするとその電話もやみ、Bさんからすると、銀行も忘れたのではないかと安心しその後カードローンを忘れて生活をしていました。

ある時Bさんが机を整理すると当時使っていたローンカードが。

自分が記憶にある限り最後の返済は6年前であり、もともと法律に少し詳しかったBさんは時効の援用ができると考え、内容証明郵便を作成し銀行に送付。時効が完成していることと、今後正式に債務から逃れる旨の宣言をしたのです。

しかし銀行からの返答はまさかのNO。むしろ内容証明を送ったことでBさんの近況や住所が銀行に知られることになり、また督促に悩まされるようになってしまったのです。

これはいったいどういうことでしょうか?実はBさん、返済が遅れた後に銀行から訴訟を起こされてしまっていたのです。

民法174条の2第1項では、確定判決の時効は10年とされています。たとえ法人の貸し付けが5年で時効を迎えるとしても、それが未払いだった時に訴訟を起こされてしまった場合、その判決が出てから10年に時効が延長されてしまうのです。

おそらく銀行はBさんが返済をする意思がないとみなし、粛々と訴訟という手段をとったのでしょう。当時Bさんにも裁判書類が裁判所から送付されてきたはずですが、無視していたBさん不在のまま裁判がスタート。

当事者が不在のため、銀行側の主張が100%認められて判決が出てしまったと思われます。

残念ながらBさんはその後、分割払いで任意整理することで銀行と交渉。かなりの金額を延滞金付きで支払うことになってしまいました。

このように、消滅時効の完成条件はシビアな部分もあります。自分だけで対応することは難しい場合もあるので、法律のスペシャリストである弁護士に相談することをおすすめします。

参考文献:【消費者生活相談に役立つ基礎知識】第13回 消滅時効—権利には期限がある—

主なキャッシング・カードローンリスト

以下に主要なキャッシング・カードローンを、サービスブランド名、金利、限度額、会社名などの項目ごとにまとめてみました。

サービスブランド プロミス
金利 年率4.5~17.8%
限度額 500万円
会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00615号
本社所在地 東京都中央区銀座4-12-15
サービスブランド アコム
金利 年率3.0~18.0%
限度額 800万円
会社名 アコム株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00022号
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1
サービスブランド モビット
金利 年率3.0~18.0%
限度額 800万円
会社名 株式会社モビット
貸金業者登録番号 関東財務局長(6)第01239号
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿 NSビル10F
サービスブランド アイフル
金利 年率4.5~18.0%
限度額 500万円
会社名 アイフル株式会社
貸金業者登録番号 近畿財務局長(11)第00218号
本社所在地 京都府京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
サービスブランド ORIX VIP
金利 年率1.7~16.8%
限度額 800万円
会社名 オリックス・クレジット株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00170号
本社所在地 東京都立川市曙町2-22-20 立川センタービル
サービスブランド ノーローン
金利 年率4.9~18.0%
限度額 300万円
会社名 新生パーソナルローン株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第01188号
本社所在地 東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル
サービスブランド レイク
金利 年率4.5~18.0%
限度額 500万円
会社名 株式会社新生銀行
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第10号
本社所在地 東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
サービスブランド バンクイック
金利 年率1.8~14.6%
限度額 500万円
会社名 株式会社三菱東京UFJ銀行
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第5号
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-7-1
サービスブランド みずほ銀行カードローン
金利 年率3.0~14.0%
限度額 1,000万円
会社名 株式会社みずほ銀行
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第6号
本社所在地 東京都千代田区大手町1-5-5
サービスブランド カードローンBIG
金利 年率3.8~13.8%
限度額 800万円
会社名 株式会社イオン銀行
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第633号
本社所在地 東京都江東区枝川1-9-6
サービスブランド ミスターカードローン
金利 年率0.99~7.99%
限度額 1,200万円
会社名 住信SBIネット銀行株式会社
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)636
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
サービスブランド 三井住友銀行カードローン
金利 年率4.0~14.5%
限度額 800万円
会社名 株式会社三井住友銀行
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第54号
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-1-2

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所

弁護士費用 1社3万円~

  • ・借金問題の解決力に定評がある
  • ・対応スピードが早く、口コミ評判も高い
  • ・24時間365日相談を受け付けている
公式HPで詳細を見る
アディーレ法律事務所

弁護士費用 1社4万3,200円~

  • ・所属弁護士が約140名の大手事務所
  • ・債務整理依頼者の顧客満足度97.5%
  • ・Pマークを取得して個人情報保護を徹底
公式HPで詳細を見る
ふづき法律事務所

弁護士費用 1社3万9,800円

  • ・時効の援用に関する弁護士費用が明瞭かつシンプル
  • ・借金に関連する電話相談は何度でも完全無料
  • ・実質初期費用0円で債務整理に対応
公式HPで詳細を見る
自由が丘法律事務所

弁護士費用 1社5万円~

  • ・債権者数別にきめ細かく費用を設定
  • ・最長18ヶ月までの分割支払いに対応
  • ・個人や中小企業を対象とした身近なトラブルに強み
公式HPで詳細を見る
借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法
~知っておきたい
3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下のような3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。
弁護士と司法書士の違いとは?
時効の援用について、弁護士と司法書士に依頼できる内容や範囲の違いを分かりやすく解説。