借金を整理!やさしくわかる時効の援用 » 借金が消滅する?時効の援用とは » 気を付けたい失敗事例

気を付けたい失敗事例

借金の返済義務を無くすことができる手続きを時効援用といいますが、条件を満たしていなかったことで失敗するケースが少なくありません。参考のために、ありがちな失敗実例を紹介します。

借金の時効援用で失敗しがちな注意点について

借金に対する時効の援用は成功すれば借金が帳消しになりますが、当然ながら失敗することもあります。特に、法的知識のないまま自分でやろうとして失敗するパターンとして、以下のようなケースが目立ちます。

  • 時効の起算日を間違えていた
  • 裁判所からの支払督促を無視してしまった
  • 時効の中断が発生していることを知らなかった
  • 債務名義を取得されていた

よく調べればわかるようなことでも、間違いやすかったり、簡単には入手できない情報があったり、個人ではなかなか一筋縄にはいきません。

一方、相手となる債権者は、多くの場合プロの金融業者。時効を成立させないためのノウハウを持っています。

手間が掛かるからと言って細かい所をないがしろにせず、絶対に失敗しないように情報収集に努めてください。

借金の時効援用失敗事例~注意したい時効の中断について

参考までに、具体的な時効援用の失敗ケースをご紹介します。

いずれも、失敗の原因は「時効の条件を満たしている」と早とちりしてしまったこと。

安易な判断は大けがのもとになります。繰り返しになりますが、くれぐれも事前調査を入念に行うことをおすすめします。

裁判所からの支払督促を放置し失敗した事例

7年前から返済を滞納していて、その間に何度も引越をした末に、時効援用を成立させようと自分で書類を作って金融業者に送ったケースです。

案の定、業者からは時効が成立していないという手紙が届き、大慌てで専門家に相談をされたそう。

調べてみると、6年前に裁判所から実家に支払督促が届いていたのを放置していたことが原因でした。

この場合、通知から2週間以内に異議申立をする必要があったのをそのままにしたため、債権者の主張が通り時効期間が10年延長されてしまったわけです。

さらに、時効が成立していないにも関わらず手続きをしてしまったことから、ここでも時効期間は振り出しに戻ってしまいました。

時効の中断(時効がリセットされるケース)を調べずに書類を送り失敗した事例

こちらは債務者が自分で時効の援用をしようと消費者金融に書類を送ったところ、逆に350万円の請求を受けてしまったというケースです。

時効が成立していなかったのは中断があったからで、後日司法書士に相談したところ、あと3ヶ月待っていれば時効期間に達していたことがわかったそう。

このケースでは、自分なりに時効の起算日を確認したものの、不用意な少額の支払いで時効期間がリセットされていたことに気づかなかったのが原因です。

特集!時効の援用でまず相談したい頼れる専門機関リスト

東京スカイ法律事務所
【費用】
1社3万円~
【特徴】
借金問題の解決力に定評がある
対応スピードが早く、口コミ評判も高い
24時間365日相談を受け付けている
サービス内容を詳しく
黒川司法書士事務所
【費用】
1社3万円+成功報酬1万円
【特徴】
任意整理・過払い請求に強い
業界最安レベルで依頼を請け負っている
平日24時・土日も12時まで相談を受け付けている
サービス内容を詳しく
司法書士あかね事務所
【費用】
1社5万円~(複数社の場合割引あり)
【特徴】
借金問題に特化している
訴訟対応等をデータベース化している
口コミ評判が高い
サービス内容を詳しく
松谷司法書士事務所
【費用】
1社3万円~(複数社の場合割引あり)
【特徴】
債務整理・過払い請求に強い
債務整理の実績は1000名以上
依頼者からのリピート率が3割を超えている
サービス内容を詳しく

頼れる事務所をさらに見る

借金が消滅する?
時効の援用とは
借金の返済義務を無くすことができる手続き、時効の援用についてまとめているカテゴリーです。
時効援用の方法~
知っておきたい3つの手続き~
時効の援用手続きには、大まかに分けて以下の様な3つの種類があります。それぞれ詳しくまとめてみました。
消滅時効の援用を代行してくれる専門機関まとめ
貸し主対応や失敗のリスクなど、時効の援用につきまとう不安を回避できる相談先を紹介。
借金の滞納・未払いとその時効について
借金の種類ごとに、未払い・滞納を放置するとどうなるか、どのくらいで時効になるか、解説しています。
無視して大丈夫?債権回収会社のキホン知識
債権回収会社とは何なのか、督促状などが送られてきた場合どう対応すべきか、まとめてみました。